海釣り仕掛け

海釣り初心者はまずはこれ|サビキ釣りに挑戦!

投稿日:2017年5月18日 更新日:

アジ

例年九州では5月ごろからアジイワシの回遊が始まり、防波堤からでもよく釣れるようになります。

週末になると近くの堤防ではファミリーフィッシングで賑わってきますね。

今回はファミリーフィッシングに打って付けのサビキ釣りをご紹介します!

サビキ釣り仕掛けに必要な道具

仕様する竿の長さは3.6~4.5mくらい、小さなお子様には3mほどの短い竿で足元を狙う方法でも十分釣果は見込めます。

サビキ釣りにおすすめの竿

サビキ釣りにおすすめのリール

ミチイトの号数と関係がありますが、基本的には2~3号のミチイトが100mも巻ければOKです。種類がいっぱいあってどれをそろえればいいのか迷ってしまいますが、3000番もあれば充分でしょう。道糸がセットになっているものがありますのでそちらを用意すればよいと思います。

おすすめサビキ針

サビキ釣りでは1~3メートル程の幹糸に3~10本の釣り針が木の枝のように付けられており、その針にオキアミを模したビニール(スキン系)や小魚をまねた魚の皮(魚皮系)などを巻きつけてあり、魚はこのハリをエサと間違い食いつきます。

サビキの上部、もしくは下部にサビキカゴを連結してまき餌をカゴに詰めて竿をしゃくる方法で魚を仕掛けの近くに寄せて釣り上げます。針とカゴがセットになったものも販売されていますのでそちらを利用すると良いでしょう。

カゴに詰めて魚を集めるコマセ餌

サビキ釣りでは針には餌は付けませんが魚を呼び集めるためにカゴにコマセと呼ばれる餌を詰めて投入します。
オキアミやアミエビに集魚材をまぜたものや、餌に直接手を触れなくてもよいようにチューブ式になったものも販売されています。

釣り方

カゴにコマセを詰め仕掛けを投入します。アジは比較的底に近いところを泳いでいますので仕掛けが底に着いたら少しリールを巻き上げあたりを待って下さい。
魚がかかるとプルプルとした感触が竿に伝わりますのでゆっくりリールを巻き上げ魚を取り込みましょう。



釣り・フィッシングランキング

-海釣り仕掛け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手持ちの竿で堤防からキスを狙う「ちょい投げ釣り」

チョイ投げというのは、小さなオモリのついた仕掛けを軽く投げて、海底を探りながら釣る方法。堤防では近場に食い気満々の魚たちが潜んでいるので、ほんの20~30mほど仕掛けをチョイ投げするだけでも好釣果に結 …