海釣り仕掛け

手持ちの竿で堤防からキスを狙う「ちょい投げ釣り」

投稿日:

チョイ投げというのは、小さなオモリのついた仕掛けを軽く投げて、海底を探りながら釣る方法。堤防では近場に食い気満々の魚たちが潜んでいるので、ほんの20~30mほど仕掛けをチョイ投げするだけでも好釣果に結びつくことが多い。釣れる魚も、人気のシロギスをはじめとして、ハゼ、アイナメ、カワハギ、カサゴなど、じつに多彩。そんなに遠くまで投げる必要もないためだれでもマスターできる。

ちょい投げ釣り仕掛けに必要な道具

この釣りでは仕掛けを軽く投げるだけでいいので、本格的な投げ釣り専用の竿は必要ない。お勧めなのは、長さ2.7m程度の軽量なルアーロッド竿先が軟らかめのものを選ぶのがコツだ。また、コンパクトロッドと呼ばれる振り出し式の竿も持ち運びに便利です。

ちょい投げ釣りにおすすめの竿

この釣りでは仕掛けを軽く投げるだけでいいので、本格的な投げ釣り専用の竿は無用だ。お勧めなのは、長さ2m程度の軽量なルアーロッド(写真左)。竿先が軟らかめのものを選ぶのがコツだ。また、コンパクトロッドと呼ばれる振り出し式の竿もよい

 

ちょい投げ釣りにおすすめのリール

ミチイトの号数と関係がありますが、基本的には2~3号のミチイトが100mも巻ければOKです。種類がいっぱいあってどれをそろえればいいのか迷ってしまいますが、3000番もあれば充分でしょう。道糸がセットになっているものがありますのでそちらを用意すればよいと思います。

おすすめ仕掛け

チョイ投げ釣りでは、シロギス用などの小型テンビンを使うと仕掛けの絡みを防ぐことができる。オモリはナス型の5〜8号をセット。
テンビンの先に付ける仕掛けは最初は市販の完成仕掛けを使うと便利。チョイ投げ用のものなら仕掛けの全長が60cm程度なので、短い竿でも投げやすい。ハリのサイズは5〜7号を目安に選びましょう。

ちょい投げ釣りに使用する餌

チョイ投げで使うエサは、ジャリメかアオイソメが定番。ジャリメは軟らかくて細いので、シロギスなどの口の小さな魚の食いがいい。アオイソメはクネクネと動きがよく、匂いも強いので魚にアピールしやすいが、生き餌が苦手な人は少し悔いは落ちるが下記のような疑似餌もある。

 

釣り方

チョイ投げでは、投げ釣りでは仕掛けを投入した後手前に引き寄せながら釣る。ポイントを広く探れるうえ、アタリも明確に出やすくなってくる。誘いの速度は人が歩くほどの速度が目安。アタリが頻繁にあるなら速め、魚の活性が渋そうなら遅めにサビくのが正解だ。



釣り・フィッシングランキング

-海釣り仕掛け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海釣り初心者はまずはこれ|サビキ釣りに挑戦!

アジ 例年九州では5月ごろからアジやイワシの回遊が始まり、防波堤からでもよく釣れるようになります。 週末になると近くの堤防ではファミリーフィッシングで賑わってきますね。 今回はファミリーフィッシングに …